ガーンビーの音楽再生一覧

厄除けに行きたい…

虫が好かん。が、思うところはある。

 

 大分間が開いた。

 間が開いたが分かったこともあった。

 じき今の職場を出る予定ではあるが、ここに5年程居たことはこれまでの人生の中で非常に有意義な時間であった。

 プルーストではないが失われた何かを取り戻すことはできたのではないかと。

 それと同時に師や自身の興味関心のある分野でのささやかな交流を顧みて一つ分かったことがあった。

 「社会は好かん。」ということである。

 集団としての社会は今にして思えば幼少の頃から縁遠いものであった。

 一般的な子供は砂場遊びや鬼ごっこといったモノを通じて集団生活というものを学び始めるのかもしれないが、一人で積み木をしているのが予であった。

 この頃から登園拒否もしていたし、行って何かするよりも家でVHS を見ることに興味があった。

 かような人間が小学校に入ってもうまくいくはずもなく、意思疎通の苦手から虐めの対象にされそれでもこの中で生きていくために自身に嘘をつくようになった。

 蔑まれても馬鹿にされても笑うようにしていると人間歪んでくるものでこの歪みが暴力や不登校として時折噴出していたようである。

 以後中高も定期的に不登校になり、ただ人と距離を取って忘れるということが唯一の対処療法であった。

 アレルギーの症状と似ているように思う。

 そのために色々な人に迷惑はかけてきたと今にして思う。

 少し戻るが歴史、とりわけ伝記の漫画を読んでこの手のことに興味が沸いたのは小学校の時分である。

 初めて読んだ伝記漫画はジョンレノンで今にして思えば彼も恵まれない幼少期を過ごしており、それをどこか自分に投影させる自分が居たのかはたまた鬱屈な現実から歴史に救いを求めるように逃げていたのかは定かではないがこの辺りから人の歴史には興味を持つようになる。

 人を嫌って人の紡ぎたる歴史に興味を持つとは難儀であるなぁ。

 以降時折歴史や政治経済に関心が向いたり離れたりしていたが、何か思うところがあって関心が向いたときは少し勉めていたのであろう。

 

 とかく色々あったが今の師と接しているうちに今まで書いてきたことがようやっと自分で納得して解った次第である。

 

 小林秀雄は「政治というものは虫が好かない」とかつて言ったそうだがその先生の言葉を真似すれば「社会というものは虫が好かない」という具合であろうか。

 

 ただ某先生の講演会後の酒席で今後の執筆活動で小林秀雄の政治思想をやってみたいということを思い返して、 「虫は好かないが思うところはある。」と小林秀雄は思っていたのではないかと邪推してみた。

 

 それを組み合わせて「好かんが思うところはある」としてみた。

 

 さて今回は最近妙に耳に残るこの曲にしてみたい。

www.youtube.com

 

 

 Roundaboutの意味を調べてみて成程まさに今の自分ではないかと笑ってしまうとともにこの自分を大事にしようと思う初夏。

 

 それではまたいつか。