読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガーンビーの音楽再生一覧

厄除けに行きたい…

建前のクリントン、本音のトランプ

 

 アメリカ大統領選挙とその結果に関して思ったことを備忘録的に少し書いておこうと思う。

 

 選挙戦の報道で見ていて思ったのはクリントンを持ち上げるときによく「長年の実務経験がある。」というようなことを確か言っていたと思うが、その実務に携わってきた人間が負けたのである。

 これはつまるところクリントンも含めて従来のアメリカの方針に対して、第二次大戦後の、あるいは冷戦崩壊後においてのアメリカの覇権国家的な方針に対して明確にNoを突きつけたといえるのではないか。

 

 先のイラク侵攻に対してもテロ支援国家であるとか、大量破壊兵器を秘匿していると託けて、建前で戦争を始めたのである。

 そういった意味でクリントンが負けることはそうして積み上げた建前が崩れたのではないだろうか。

 

 そしてその建前のツケを払わされた人々の本音がトランプという形で昇華されたのではないか。

 おまけにトランプは家業を継いであれだけ成り上がったのであり、癖があったとしても実業家としての現実認識や判断能力は相当高いと想像するに難くない。

 彼の信条はさておき、実業家という社会の中に在って現実と向き合いながら日々を過ごす人間の感覚は侮れないものである。

 そう捉えればトランプは本音といっても問題はないと思う。

 その報道という建前、飛ばしを全く読めなかったこととそれに対する報道等々の狼狽えぶりは見ていて滑稽ではあるが頭を抱えたくもなる。

 

 最早強いアメリカはいないのである。これから療養に入る入院する病人におんぶにだっこをさせろというのはどだい無理であろうて。

 戦争に負けて、冷戦崩壊後の情勢の変化を読み間違えて、これだけ分かりやすい建前本音噺を、インストラクションワンを見ているのであればもう見ないふりはできないだろう。

 出遅れている感は否めないが、エリートを自称する諸兄らにはぜひ頑張ってもらいたい。

 そうでなければ伊勢長島のように根絶やしにされて終るしかない、ぞ。

 

 と道端の髑髏の上の鴉は思うのであった。。カアー

http://illustrain.com/img/work/2016/illustrain10-tori19.png

 

 

 カラス~なぜ鳴くの~

www.youtube.com

 

 そんなのカラスの勝手でしょ‼私が知るわけないじゃない‼(マツコ・デラックス風)

 

 オチがついたか落ち着いたかはさておき

 

 それではまた。。。